TOP
日眼連とは
認定店とは
認定店検索
認 定 店 で
メガネができるまで
メガネができるまで <動画>
Q&A
関連リンク
お問合せ
ニュース
加盟店専用ページ
 
東日本大震災被災地支援プロジェクト
3県の眼科医会に「近視用メガネ」を贈呈

 日眼連・東京支部では、大きな被害をもたらした「東日本大震災」の被災地3県(岩手県、宮城県、福島県)の眼科医会からの要請に応え、4月末に近視用メガネを約1600本贈呈させていただきました。
 近視用メガネは既製老眼鏡とは違い、一人一人に合わせて調製すべきものと、私たちは主張しておりますが、今回は被災地の眼科医会の先生方の手を経て、近視用メガネを必要とされる被災者の方々に手渡されるとお聞きし、組合員一同協力し支援させていただきました。
 近視用メガネを調製するにあたり、メガネがなくては大変なご不便を感じる方の度数を想定したり、お顔の大きさや目と目の間の距離なども人それぞれですので、どの度数、どのサイズのボリュームを充実させるかなどを専門医にご相談しながら進めてまいりました。
 また、レンズは大手レンズメーカー4社、フレームとメガネケースは卸商社、眼鏡ふきも専門メーカーからご協力を得たほかに、組合員(63店)や日眼連・千葉支部(5店)、東京に本部をおくボランタリーチェーン(17店)の有志の方々の協力をいただくことができました。本当にご協力いただきました皆様に対して感謝を申し上げます。
 今回の活動は、NHK総合テレビの情報番組「あさイチ」(3月31日放映)とNHKラジオ第一放送「ふるさと通信」(5月18日放送)にも取り上げていただきました。
 その後、岩手県眼科医会、宮城県眼科医会、福島県眼科医会からご丁寧なお礼状が届きましたが、現場のご苦労を知るやまだまだ支援活動は始まったばかりであることをあらためて認識し、引き続き我々が出来る範囲でご支援を継続していこうと考えております。


<< 戻る >>

*